熊本を中心とした相続・遺言相談(遺言、遺産分割、遺留分)なら熊本相続・遺言相談ドットコム。熊本の守田法律事務所が運営。

HOME » 遺産分割について » 遺産分割調停・審判について

遺産分割調停・審判について

相続人の間で遺産の分割について話し合ったがまとまらない等の場合、相続人の1人は、家庭裁判所に遺産の分割について解決を求めることができます。相続人間の話し合いによって解決する方法を遺産分割の調停、裁判所の判断によって解決する方法を遺産分割の審判と言います。
遺産分割の調停は、裁判所によって選任された2名の調停委員が相続人それぞれの話を聞き、調整をしたうえで全員の合意による解決を目指す手続です。調停は1か月に1回またはそれより少ない頻度で行われ、相続人全員の合意ができた場合には、裁判所で合意された内容通りの調停調書が作成され、手続が終了します。その後、調停調書に基づき遺産分割が行われます。合意が成立する見込みがない場合には、調停は成立せず、審判手続に移行します。
遺産分割の審判は、調停とは異なり、話合いではなく、家事審判官(裁判官)が事実の調査や証拠調べ行い当事者の希望なども考慮のうえで、分割の審判が下されます。

お問い合わせはこちら

守田法律事務所
代表者 弁護士 守田 英昭
熊本県熊本市中央区辛島町6番7号 いちご熊本ビル302号室
TEL 096-223-5757 / FAX 096-223-5758
MAIL info@kumamoto-rikon.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時※時間外対応可 土日祝休み(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab