熊本を中心とした相続・遺言相談(遺言、遺産分割、遺留分)なら熊本相続・遺言相談ドットコム。熊本の守田法律事務所が運営。

HOME » 遺産分割について » 遺留分とは?

遺留分とは?

遺留分とは、亡くなった方が相続人に対して最低限残さなければならない遺産の部分をいいます。

つまり、遺言により他の者に遺産全部を遺贈しても、相続人は、遺留分として認められている財産の価額については、遺贈を受けた者に対して支払を請求できることになります。

遺留分は、被相続人の配偶者、子、親に認められていますが、兄弟姉妹については遺留分が認められていません。

遺留分の割合は、次のとおりです。

  • 相続人が親だけの場合、法定相続分の1/3が遺留分となります。つまり、亡くなった方の相続人が両親だけの場合には、父親及び母親はそれぞれ遺産の1/3÷2=1/6を、遺贈を受けた人に対して請求することができます。
  • 相続人に配偶者がいる場合、及び相続人が子だけの場合には、法定相続分の1/2が遺留分となります。つまり、亡くなった方の相続人が配偶者と子ども2人の場合には、配偶者は遺産の1/2÷2=1/4を、子どもはそれぞれ遺産1/2÷2÷2=1/8を、遺贈を受けた人に対して請求することができます。

お問い合わせはこちら

守田法律事務所
代表者 弁護士 守田 英昭
熊本県熊本市中央区辛島町6番7号 いちご熊本ビル302号室
TEL 096-223-5757 / FAX 096-223-5758
MAIL info@kumamoto-rikon.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時※時間外対応可 土日祝休み(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab