熊本を中心とした相続・遺言相談(遺言、遺産分割、遺留分)なら熊本相続・遺言相談ドットコム。熊本の守田法律事務所が運営。

HOME » 相続の承認、放棄について » 相続放棄、限定承認とは?

相続放棄、限定承認とは?

相続においては、財産だけでなく借金も受け継ぐことになります。

そのため、相続人は当然に相続することになるとその借金を背負いこむことになりかねません。そこで、以下のような制度があります。

  1. 相続放棄…相続が開始されたことを知った時から3か月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続を取れば、最初から相続人でなかったことになります。相続財産を手放すことになりますが、被相続人の借金を背負わずに済みます。
  2. 限定承認…相続財産の範囲でのみ借金を返済する制度です。相続財産の価額が借金の額を上回れば、差し引いたプラスの財産を相続します。借金の額が上回る場合でも、相続人が相続財産とは別に借金の支払いをする必要はありません。相続が開始されたことを知った時から3か月以内に家庭裁判所において相続人全員で手続をする必要があります。
  3. 単純承認…相続が開始されたことを知った時から3か月以内に相続放棄または限定承認が行われない場合には、相続を承認したものとされます。亡くなった方の借金の額が分からない場合、期間延長の制度もあります。

お問い合わせはこちら

守田法律事務所
代表者 弁護士 守田 英昭
熊本県熊本市中央区辛島町6番7号 いちご熊本ビル302号室
TEL 096-223-5757 / FAX 096-223-5758
MAIL info@kumamoto-rikon.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時※時間外対応可 土日祝休み(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab