熊本を中心とした相続・遺言相談(遺言、遺産分割、遺留分)なら熊本相続・遺言相談ドットコム。熊本の守田法律事務所が運営。

HOME » 相続について » 相続人と相続分について

相続人と相続分について

財産を持っている人が亡くなった場合、その財産(「遺産」といいます)について、誰が、どのように相続するのでしょうか。

法律上、第一順位が子、第二順位が親、第三順位が兄弟姉妹とされています。

これは、子どもが相続人として存在している場合には、親や兄弟姉妹は相続人とはならないということです。

配偶者は、相続人が子、親、兄弟姉妹いずれの場合にも、相続人になります。

そして、遺産は、次のとおりに相続されることになります。

  1. 相続人が死亡者の配偶者と子の場合
    配偶者が1/2、子が残り1/2を人数分で分けます。
  2. 被相続人の死亡時に子及びその下の代がおらず、相続人が死亡者の配偶者と親の場合
    配偶者が2/3、親が残り1/3を人数分で分けます。
  3. 被相続人の死亡時に子及びその下の代、親がおらず、相続人が死亡者の配偶者と兄弟の場合
    配偶者が3/4、兄弟が残り1/4を人数分で分けます。

お問い合わせはこちら

守田法律事務所
代表者 弁護士 守田 英昭
熊本県熊本市中央区辛島町6番7号 いちご熊本ビル302号室
TEL 096-223-5757 / FAX 096-223-5758
MAIL info@kumamoto-rikon.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時※時間外対応可 土日祝休み(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab